デカ盛り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆうきの適当レシピ (8) トマトシャーベット

丸ごと塩もみキュウリ、
好評だったみたいなので調子に乗って
また簡単で涼しい野菜レシピをご紹介します(^^)

今回はトマトシャーベット。
まずはトマトをそのまま冷凍庫で凍らせる。
食べるときにまず流水につける

tomato1.jpg

するとツルッと皮が剥けます(^皿^)

tomato2.jpg

全部剥くとこんな感じ。
ちなみに上の方のトマトは
皮つきで凍った状態のもの。

tomato3.jpg

次にお皿に入れて適度に溶かす
柔らかいのが好きな人は長めに。
固いのをガリガリしたい人は短めに。

tomato3.jpg

丸ごとはちょっと食べにくいという方は
包丁で切ってもOKです(笑)

tomato4.jpg

砂糖をたっぷりかけて

tomato5.jpg

スプーンでいただきま~す!

tomato6.jpg

うま~o(^-^o)(o^-^)o

簡単過ぎて、とっても美味しい。
ぜひお試しあれ♪

by ゆうき

※「大盛りデカ盛り」ランキングに参加中です。
ランキング一位を目標に頑張ってま~すp(^^)q
ぜひ応援ぽちっとお願いします<(_ _)>
   ↓  

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ゆうきの適当レシピ(7) 丸ごときゅうりの塩もみ

毎日暑い日が続きますね~(;´・ω・`)

キュウリなどのウリ科の野菜は
体を冷やす効果があるという事で
積極的にいただきたいもの。

美味しく簡単に丸ごと一本食べられる、
なをさんの実家でおやつに出てたという
簡単なキュウリの塩もみをご紹介します。

(1)まず、きゅうりの両端をおとす。

kyuri1.jpg

(2)次に、両端を鉛筆みたいに削る

kyuri12.jpg

ゆうきはついでに皮を適当にピーラーで剥きますw

kyuri13.jpg

(3)塩をぱらぱらかけます。

kyuri14.jpg

(4)かけた塩をもみこむ

kyuri15.jpg

皮をむいたキュウリだとこの段階で水が染み出てきます。

kyuri6.jpg

(5)塩がキュウリにしみるまで待ちますw

kyuri7.jpg

で、だいたい5分~15分くらい待てばOK
冷蔵庫で冷やしておくと冷たくておいしい。

ぽりぽりかじる。

うま~o(^-^o)(o^-^)o

早く食べたい人はゆうきみたいに
皮の一部を剥くのがお勧めです。


by ゆうき

※「大盛りデカ盛り」ランキングに参加中です。
お陰様でランキングは1位に復帰することができました。
これもひとえにご訪問者の皆様のお蔭です。
しかしまだまだ鼻の差という感じです。
何とか少しでも長く1位をキープできるよう
ぜひ応援をぽちっとお願いします<(_ _)>
   ↓  

にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ
にほんブログ村

ゆうきの適当レシピ 特別編(1) 大根の酢漬け 後編

さて翌日、いよいよとった大根
漬けこむことに

suduke2.jpg

まずは一本ずつゴシゴシ洗いながら
表面についてるヒゲを取る

suduke3.jpg

次にピーラー皮を剥く
片手で握ってピーラーで
スーッと剥いていくのだが
大根がでかいから
これが結構な重労働

suduke4.jpg

全部剥きおわったところで
適当な大きさに切り

suduke5.jpg

そして計りで計量し、
2キロずつに並べて入れていく。

しかしこの大根、一本分入れただけで
2キロ以上あるんですが…orz

結局3本も使わず予定の6キロに到達。
丸々3本余った剥いた大根
一体どうしたらいいのでせう?

とりあえず残った大根の事を
考えるのは辞めにして、
今度は味付けの工程にGO!

suduke6.jpg

樽に6キロの大根を積み重ね

suduke7.jpg

まずは砂糖をドーンと一袋
それから一掴み投入。

suduke8.jpg

その上からをとぽとぽと、ほぼ一瓶かける。
よし、これで味付け終了っと(^^)

と、ここで問題発生!

中蓋が、な―――――――-い!!!(-.-;)

こんな時にはドラえもん…いや、ゆうき父の出番
『父ちゃん~、漬物樽の中蓋がない~(*_*;)』
『ん?ちょっと、待ってろ(^皿^)』

瞬く間に近くの端材をかき集め、
電動鋸で丸く切り抜いて
15分程で立派な中蓋の出来上がり。

早速作って貰った中蓋を乗せて
その上に重しを乗せる。
とりあえず実家での作業はこれで終了!

その日の夕方、樽に十字に紐をかけ
我が家ののトランクの中に入れて
とことこ4時間かけて八王子へと搬送…

suduke9.jpg

翌日、程よく水が上がったところで
つかり具合を均一にするため
上と下の大根をぐるっと天地返し

翌々日にはしっかり漬かって
食べられるようになりました。

suduke10.jpg

酢漬けを食べたことのない
旦那毒味をさせました。
『美味しい』という感想をゲットw

それから花作りまで数日あったため
本番の時には更に漬かりが深くなり、
口の肥えた地域の おばちゃん達にも
『美味しい』と言われて大成功<( ̄- ̄)> エッヘン!
何人かにレシピくれくれもされました。

suduke11.jpg

皆さんにお出しして残った
酢漬け冷蔵庫にin。
皮を剥いた大根
頑張ってちまちま食べてます

マダマダゼンゼンオワラナイヨ~(爆)

by ゆうき

※「大盛りデカ盛り」ランキングに参加中です。
ランキングは現在2位となってます。
1位復帰のために皆様の清き一票を
ぜひぜひぽちっとお願いします<(_ _)>
   ↓  

にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ
にほんブログ村


ゆうきの適当レシピ 特別編(1) 大根の酢漬け

今年は町内の夏祭の当番になってしまった(*_*)

町内の女性たちが集まって
祭用の紙製の花作りをするのだが
その時に当番はお世話役として
お菓子アイスパン漬物お茶
出さねばならないらしい。
予算は花作りの材料込みで一万円・・・

お菓子、アイス、パンは
安く売ってるお店で仕入れる!
お茶はウチで余ってるものでOK!

問題は、漬物・・・orz

そういえば今までのお当番さんは
自家製の漬物持ってきてたよな~。

・・・はぁ。
仕方ない・・・何かつくるか(苦笑)

幸い、花作りの前に実家に帰省する予定があったので、
実家で何か作ることにする。
なにより材料が現地調達できるし(笑)

簡単につくるなら
キャベツと胡瓜の浅漬けとかかな?
キャベツ胡瓜を刻んで、
細かく切った昆布干し海老でも入れて、
塩で揉めばいいか…等と考えつつ帰省。

帰省してみると、急に寒くなったからか、
思ったより胡瓜がなっていない…(´・ω・`)ショボーン

『祭の当番で花作りの時に漬物持ってかなきゃならん』と言うと、
ゆうき父は一言、『今時、こっちでも祭の花作りなんてなぁしねぇwww』
一方、ゆうき母は『大根の酢漬け作りゃあいい。大根なら沢山ある。』

とりあえずゆうき母のアイデアにのっかり
大根の酢漬けを作る事に方針変更!

善は急げとまずは買い物
夕食の材料と一緒に酢一本砂糖一袋購入。
は家にあるはず・・・

大根奥の畑にあるというので取りに行く。
6本位ありゃいいだろう。』と言われたので、
家に持って帰る分も含めて10本程取って来る。

suduke1.jpg

一本一本が太くて重い(*_*)
とりあえず抜くのと運ぶのは、なをさんに任せる。
葉っぱは邪魔だから捩って取って畑に捨ててく。
そこまでやって、あとの仕事は翌日に

で、この話、次回に続きまーす(*^^*)

by ゆうき


※「大盛りデカ盛り」ランキングに参加中です。
ランキングは現在2位となってます。
1位復帰のために皆様の清き一票を
ぜひぜひぽちっとお願いします<(_ _)>
   ↓  

にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ
にほんブログ村

ゆうきの適当レシピ(6) ☆美味しくなる、とうもろこしの茹で方☆

今回はレシピというより美味しいトウモロコシの茹で方です。

morokoshi1.jpg

ゆうきの実家からモロコシがたくさん届きました。

morokoshi2.jpg

早速我が家の老にゃん「しゅらと」が
猫草の代わりにモロコシの皮をガジガジしてますw

猫には外側の固い皮をあげて、まずはご近所におすそ分け。
それから我が家の分を一気に茹でます。

一番表の固い皮だけを剥く。
軽く汚れを落とす。

morokoshi3.jpg

皮のついたまま、鍋に並べて水を入れる。
鍋を火にかけ、適当に茹でる。

morokoshi4.jpg

熱いうちに鍋から出し水を切る。
粗熱が取れたら食べる分だけ剥いて食べる。

morokoshi5.jpg

剥き方は頭の方の髭のような部分を掴んで

morokoshi6.jpg

グーッと下へ引っ張っていきます。

morokoshi7.jpg

すると、するするっと皮も一緒に剥けていきます。

morokoshi8.jpg

根元の方まで剥いたら、そのまま柄の部分をポキッと折って

morokoshi9.jpg

不要な部分は捨てます。簡単に剥けますよw

morokoshi10.jpg

すぐに食べない分は、皮のついたままラップして冷蔵庫。

皮ごと茹でると甘みが逃げにくくなるので
美味しく茹だりますよ(笑)


※「日本ブログ村」ランキングに参加中です!
  お陰様で今日も「大盛り・デカ盛り」一位をキープ中です。
  しかし現在、猛烈な追い上げを受けています
  ぜひぜひ、ポチっとお願いします<(_ _)> 
 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

アトリエえん

Author:アトリエえん
「東京のふるさと」高尾山の北麓で猫3匹とくらす夫婦です。大盛グルメに目のない夫「なをさん」&本と猫とゲーム大好きな妻「ゆうき」。よく夫婦漫才といわれます。百貨店や大型書店などでのアート関係イベントの企画を生業にしています。

アトリエえん Twitter

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
猫と大盛と高尾山
「東京のふるさと」高尾山の北麓で猫3匹とくらす夫婦です。大盛グルメに目のない夫「なをさん」&本と猫とゲーム大好きな妻「ゆうき」。よく夫婦漫才といわれます。百貨店や大型書店などでのアート関係イベントの企画を生業にしています。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
1087位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
410位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。