FC2ブログ
デカ盛り

「大豚 野菜増し増し ニンニク 脂」 ラーメン二郎西台駅前店 西台 2011年5月20日 

今日は板橋方面に外出。
中央線の事故で時間に遅れそうになり、
朝から走って汗だくに(>_<)

用事を終えて駅に向かう頃には
顔や腕に塩がふくくらいの暑さ

こんな時にはやはりガツンデカ盛りしかないw
ということで「ラーメン二郎西台店」へ行く事に。
何と個人的には今回が二郎初体験である。
チョットドキドキ…

時間は一時半すぎ。
地図で調べていた、およその場所に向かっていくと、
この時間でも当然のごとく行列がw!

nishidai1.jpg

それにしてもスゴい立地だ。
駅近くの飲食街の奥、というか裏なのだが、
およそ普通の感覚では
飲食店が営業できるような立地ではない。
一番ありそうなのは、うーん、管理事務所?
…いや、ボイラー室か!(爆)

しかし訪れるジロリアンたちの熱気はボイラー以上…
畢竟、通常の飲食店の立地を無視した場所で
売り切れ仕舞の商売が成立する事自体、
熱烈な信者ジロリアンの存在抜きには考えられない
すごい経営をやっている店だなと感心させられる。

nishidai2.jpg

さて外からみた列は2~3人で、
そんなに待たずにすみそうだ。
早速自分も並んでみる。
と、後ろにスルスルと瞬く間に列が延びる

タイミング良かったかも、とニヤリとした所に、
お店の人が並んでる人数を数えにきた
もしや、もう「お終い」か?

何やら厨房とやりとりした後、
列の最後尾の人に
「今日のお昼はお客さんまでなので、
きた人に教えてあげて下さい」と告げ、
立て看板の「営業中」シールを外し、
「準備中」に付け替えた。
ほっ…、何とかお預けにならなかったようだ。ラッキー!

nishidai3.jpg

食べ終わった人が一人店を出ると、
列の先頭が一人店内へ。
大変システマティックな光景だ。

一般に二郎系のお店は回転が早いため、
列の長さの割に待ち時間は少ないという。
自分も8分ほどで中に入る事に。

入る時に「麺どうします?」と早速コールが。
麺は大(盛り)でも大丈夫ですか?
あと豚(チャーシュー麺)は?」
「あ、どっちも大丈夫ですよ(^^)」
とりあえず予定通りのオーダーで行けそうだ。

nishidai4.jpg

券売機の前に立ち
「大豚」(チャーシュー麺大盛)のボタンをおす。
オレンジ色のプラスチック板が
コトンと落ちてくる。

券を買ったら店内の丸椅子で
カウンターが空くのを待つ。
待つこと10分、入り口正面の席があく。
「大豚のお客さんどうぞ(^^)」

ほどなくトッピングのコールがあり
野菜増し増し(特盛)に、ニンニクと・・・
「脂も大丈夫ですよ!」
「じゃ、脂もお願いします
「はーい(^^)」

さていよいよ「二郎」初体験!

というところで久々の<続く>w

※「大盛りデカ盛り」ランキングに参加中です!
  ぜひぽちっとお願いします<(_ _)>
  
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

はじめまして

「サヴァ?ブログ」 の stss55 改め サバ! といいます。コメントありがとうございました。
二郎は仙川店と府中店に行ったことがありますが、いつもお腹パンパンになってヨロヨロと帰ってきます。
勝手にリンクさせて頂きました。よろしければ、相互リンクお願い致します。

No title

とうとう!なをさんが二郎初体験o(*^▽^*)o
続きが楽しみです~♪

Re: No title

> とうとう!なをさんが二郎初体験o(*^▽^*)o
> 続きが楽しみです~♪

後編アップしました。ぜひご覧ください(^^)
プロフィール

アトリエえん

Author:アトリエえん
「東京のふるさと」高尾山の北麓で猫3匹とくらす夫婦です。大盛グルメに目のない夫「なをさん」&本と猫とゲーム大好きな妻「ゆうき」。よく夫婦漫才といわれます。百貨店や大型書店などでのアート関係イベントの企画を生業にしています。

アトリエえん Twitter

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
猫と大盛と高尾山
「東京のふるさと」高尾山の北麓で猫3匹とくらす夫婦です。大盛グルメに目のない夫「なをさん」&本と猫とゲーム大好きな妻「ゆうき」。よく夫婦漫才といわれます。百貨店や大型書店などでのアート関係イベントの企画を生業にしています。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
1349位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
521位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR